加工の現場

加工場で働いている人たちの写真です。
写っている人たち以外にもたくさんのスタッフがいます。
わかめの刈り取り現場です。
刈り取った後のわかめを船にのせています。

釜揚げしたしらすを天日干しにしています。
工場の屋上で乾燥させた後、選別機にかけてえびやカニなどの異物を取り除きます。
ひじきを網の上に広げ、乾燥させています。
一日では乾かないこともよくあるので、天気にあわせて何度も出し入れしています。

しらすの加工現場

獲れたてのしらすを釜揚げしている現場です。まず、かご一杯に入っているしらすを、一定量で送り込むための水車のような装置(画像左)に投入します。装置に入ったばかりの透明な生しらすは釜揚げすることにより、きれいな白色に変化します。釜揚げする時にしらすの味を引き出たせる、程よい味付けのために塩も入れます。釜揚げされたしらすは自動でレーン(画像左下)を通過していき、むらなく広げられて冷却されていきます。最後に、流れてきたしらすが機械によってせいろの上に広げられ(画像右下)、それを台車に積み重ねて冷蔵庫に運びます。ほとんどの作業が機械によるもので、人の手に触れることなく加工ができ、衛生的です。

 
 
獲れたてのしらすを釜揚げしている現場です。
写真に写っている装置等を使い、生しらすの釜揚げを行っています。

わかめの加工現場

当社のわかめの加工開始の時期は3月からです。わかめの釜茹ではしらすを加工している場所とは別の場所で行っています。加工の方法は、まずはじめに椿泊の海で採れたたくさんのわかめを大きな釜で茹でます(画像左)。しっかりと茹でたわかめを海水に通して冷やし(画像左下)、かごに分けていきます。かごに取ったものを専用の機械(画像右下)に入れて、ぐるぐると回転させて塩をまぶし終わると、加工も終わりです。こうして、塩蔵をするための準備が完了したわかめを冷蔵庫にいれて、保存しています。天然のわかめなので、安定した量を確保するのが難しいですが、加工に使っている調味料は塩だけなので、他のどのわかめよりも安心安全に素材の味を楽しんでいただけると思います。

椿泊について

 

漁業が盛んで自然豊かな田舎町

椿泊(つばきどまり)とは徳島県の阿南市に存在する小さな漁師町です。昔から漁業が盛んで今でもたくさんの漁師や漁業関係者が働いています。椿泊の漁師は出漁日数が日本一と言われており、毎年200日以上出漁しています。この海で獲れるしらすは釜揚げすることによって、きれいな白色になる上質なものばかりです! 当社では椿泊の海で採れた鮮魚やしらすを買い取り、加工しています。加工後の製品は、鮮度を落とさないように冷蔵保存しており、大阪や東京等の様々な市場に出荷しています。お客様が直接ご注文なされた時にはきれいなしらすを選び、小分けにして郵送しています。お中元やお歳暮にもご注文が多く、喜ばれること間違いありません。わかめやひじき等も収穫しており、それらを乾燥や塩蔵により保存することで、品質を落とさずお届けできるようにしています。是非一度、ご賞味ください!

 

加工場の所在地です。椿泊に近づくにつれ道路が狭くなり、クネクネと曲がっているので訪れる場合はご注意ください。
竹内水産と書かれたトラックが目印となっており、そこから少し先に加工場がございます。
その他魚介類をお求めの場合は加工場ではなく、竹内水産鮮魚部をお訪ねください。